【レビュー】アロマのやさしさ 実際に半年使って実感したこと!頭皮と髪はどう変化したか?

頭皮に優しいアミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」をレビューします。半年間使い続けました。本当に良いシャンプーってどんなシャンプーなんだろう?今までいろんなシャンプーを使ってきましたが一つの答えたが出たような気がします。アロマのやさしさは生協でも販売されていて安全性の高いシャンプーです。薄毛で悩んでいる男性の方、フケかゆみで悩んでいる女性の方、毎日使える低刺激のアミノ酸シャンプーを探している方は必見

【レビュー】「アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ」を1か月使用した感想

アロマのやさしさレビュー

「アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ」を使用して1か月目のレビューです。

シャンプーはやっぱりきちんとした期間を使わないといい悪いがわかりません。
一か月使って良い点と悪い点です。

すすぎをよくすること

まずこのシャンプーはすすぎをよーくしないとダメですね。シャンプーを換えてから1週間くらい経った頃、頭皮にかゆみが出たんです。

アレぇとおもいながら無添加なのでかゆみが出るということはもしかしたら「すすぎ」が足りない?

その日からすすぎを多めにすると次の日からかゆみがなくなりました。私のシャンプーの仕方が悪かったようです。ついついアロマの香りが素敵だったのですすぎた足りなかったようです。

それから約1か月が経ちましたが以前より、髪のパサつきがなくなりました。アロマの程よい天然成分が効いているのでしょうか?驚いているのがシャンプーを開封してから1か月たちますがまだ私の好きなアロマの香りがふんわりしてシャンプーするのが楽しくなっています。

このシャンプーは犬に使っても大丈夫

この「アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ」って無添加なので、もしかしたら犬にも使えるのかなぁと思い。愛犬のブン太くんをシャンプーしてみました。

無添加シャンプーは犬も大丈夫

ブン太くんも以前はシャンプーが合わなくてフケみたいなものが出たことあり、犬用の無添加シャンプー使ってます。多分人間のシャンプーよりも高いと思います。「アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ」は良いシャンプーだから特に不安を覚えることなく、ゴシゴシと。。

もっと洗面器で泡立ててからやればよかったですが、きちんと泡立ってます。

洗った後もすがすがしいアロマの香りします。3日に一度のペースでシャンプーしてますが2週間たった今でもフケらしきものはなく肌トラブルもないです。感な犬にも使えるシャンプーなのでおすすめですよ

敏感肌でもフケはなし

アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ

私が選んだアミノ酸系のシャンプーで使ってよかたなぁと
思うシャンプーの紹介です。インターネットしか販売ないで
興味ある方はどうぞ!

商品名は「アミノ酸シャンプー アロマのやさしさ

f:id:poppu:20150821142515j:plain

おすすめのポイントは

  • アロマの香りがたまらなく良い
  • アミノ酸シャンプーなのにきめ細かい泡立ち
  • 石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分は一切入っていない
  • シリコンやコーティング剤が一切入っていない
  • パラベンなどの旧指定成分、合成香料、着色料、パール化剤などの余計なものも入っていない

まさに頭皮に優しシャンプーの代表ですね。
累計10万本を販売している実績あるシャンプーで肌にやさしいので、
赤ちゃんからお年寄りまで、ご家族でご使用いただけます。
私が見る限りでは成分ともに安全だといえます。

実際に使用してのレビューです

香りに関しては私が今まで使ったシャンプーで一番良いですね。
もともとアロマテラピーから生まれたシャンプーなので
アロマオイルのいい香りが忘れられません。
香りが良いからか?リラックスできるシャンプーですね。
シャンプー後はアミノ酸シャンプー特有の
しっとりとした仕上がりはリンスを必要としません。

アミノ酸シャンプーの欠点である泡立ちに関してもこの
アミノ酸シャンプーはしっかりきめの細かい泡立ちがあります

f:id:poppu:20150821142821j:plain

 

>> 私が使っているアミノ酸シャンプーはこちら

シャンプーの防腐剤について

シャンプーってどこに置いてますか?
ほとんどの方がお風呂場に置くのではないでしょうか?

f:id:poppu:20150821145144j:plain

お風呂場は高温で多湿な空間ですその中にシャンプーを置いていると
シャンプーの容器内で殺菌が繁殖します。
結果、頭皮に対してよろしくないことになります
なので市販のシャンプーには防腐剤が含まれています

100%無添加シャンプーや100%植物由来の
シャンプーは賞味期限が極端に短いです。
まず1年はないですね。

ですが防腐剤が一切入っていないシャンプーは現実的には
難しいのが現実!手作りシャンプーなどの個人が製造する
シャンプーなどに限られてしまいます。

ですので市販のシャンプーの防腐剤にはパラベンという成分が
よく使われます。パラベンは非常に強い殺菌力があるので
頭皮の弱い方やアトピーの方には刺激物となり頭皮には
良くない成分となります

アトピーを持っていない方や頭皮の強いかたも
決して良い成分ではないと言えます。

私が使っているシャンプーにも防腐剤が入っています。
ですが天然精油(アロマ)の力を借りて極力、自然本来の
殺菌力を利用しているので防腐剤はごく微量に収まっています。
賞味期限は半年です。

f:id:poppu:20150821145350j:plain

逆に賞味期限が半年以上のシャンプーは怖いですね。

この天然精油(アロマ)の香りハマってしまうほどいいです。

 

>>アロマの力で殺菌 無添加アロマシャンプー

アミノ酸シャンプーの欠点

アミノ酸でできた洗浄成分には硫酸系・スルホン酸系成分のように
強い脱脂力やタンパク質変性作用がないのが特徴です

アミノ酸シャンプーの良い点

  • 強い脱脂性の洗浄力はないので頭皮を健康に保てる
  • 洗浄成分自体が髪のダメージを修復する
  • コーティング剤を使用していない

アミノ酸シャンプーの欠点

  • シャンプー本体の値段が高い(原材料が高いため)
  • 泡立ちが悪い

アミノ酸シャンプーの中には少量のアミノ酸を成分を入れているだけ
中身は硫酸系・オレフィンスルホン酸を使っているシャンプーもある
ので注意してください。これはシャンプーの成分に関して法的な
厳密な決まりがないからです

ですが今のところ市販されているシャンプーの中で最も信頼
できるのがアミノ酸シャンプーです。
泡立ちの悪さも改善されてきめ細かい泡立ちをするアミノ酸シャンプーも
登場しています。

私が使っているアミノ酸シャンプーはこんなに泡立ちがいいですよ。

f:id:poppu:20150821142821j:plain


洗った後もしっとりしているのでリンスもいりません。
数日使うだけで髪のまとまりに違いを感じるでしょう!

もちろん体に害のある成分は一切ふくまれていないのでおすすめです。
違いを体感できるように小分けパックのお試しシャンプーが用意されています
よろしければ今使ってるシャンプーと比較してみては如何でしょうか?

 

>> 【お試し】送料無料!アミノ酸シャンプーを450円で!

無添加・植物由来に騙される

最近ではシャンプーに対して安全を求める人が増えています。
このため「無添加シャンプー」「植物由来のシャンプー」を
うたった商品がたくさんあるが本当に大丈夫なのか?

消費者心理からすると「無添加」「植物由来」と明記してあると
天然成分あので安心という心理でついついシャンプーを
購入してしまうがここには大きな落とし穴があるんです。

元々シャンプーの成分表示に関する細かい法律がないので
成分の一部に少しでも無添加成分が入っていれば無添加シャンプー
として売り出し
植物由来の成分が少しでも入っていれば
植物由来のシャンプーになってしますのです

なので無添加を謳っていても全然無添加でないシャンプーもあるし
化学成分タップりでも植物由来のシャンプーになってしまうのです

この手のシャンプーによく使われる成分は「スルホン酸系」
の洗浄剤で「オレフィン・スルホン酸」という成分

オレフィン・スルホン酸はヤシ油などの植物油からも加工して
作ることができる特徴があります
これは石油系からも同じように作ることができる

のために「自然派」「植物由来」「天然」などという宣伝文句に
良く使われます。
ところがこのオレフィン・スルホン酸は
洗濯用の洗剤に広く使われる成分でもあるのです

ラウレス硫酸に匹敵する毒性があるものなので植物性だし
無添加だから大丈夫だとは思わないでください

 

>>オレフィン・スルホン酸が入っていないシャンプー

おすすめのアミノ酸系シャンプー

今市販で最も安全だといわれているアミノ酸系のシャンプーが
注目を集めています。その人気の理由は

  • 頭皮に優しい
  • 低刺激で髪のダメージを修復する働きがある
  • シャンプーとして最適な洗浄力を持つ

ですが私たちの周りにはアミノ酸シャンプーといいながら
アミノ酸成分がちょっと入っているだけで「アミノ酸系シャンプー」
として売り出している商品も少なくありません。

シャンプーでは無添加の石鹸シャンプーが安全で頭皮にも良いと
思っていましたが今回、ネットで評判の良い
アミノ酸シャンプーに挑戦です

私が実際に使ってみて、本当におすすめできるアミノ酸系シャンプー
を紹介しますそれが「アロマのやさしさ」です

f:id:poppu:20150821153015j:plain

今回私がこのアミノ酸シャンプーを購入した理由は

  • 無添加の石鹸シャンプーよりも安全なシャンプーが欲しい
  • 石けんシャンプーのように洗った後のキシキシ感がないこと
  • アミノ酸シャンプーでもある程度泡立が欲しい
  • シリコンやコーティング剤を使用していないこと

使ってみての感想です。
まずアミノ酸シャンプーなのに泡立ちが良いです。
写真のように手の平一杯に泡が立ちます。泡もきめ細かい感じです

f:id:poppu:20150821142821j:plain

そして何よりも気に入ったのが「アロマ」の香りが素敵です
髪につけた瞬間からアロマのやさしい香りでリラックスできるでしょう!
お風呂から上がったあともしばらくアロマの香りを楽しむことができます

元々この製造している会社さんはアロマテラピーで使う植物精油や植物油
(エッセンシャルオイルやキャリアオイル)を専門に取り扱っているので
香りに関してはピカ一のセンスです
シャンプーしながら同時にリラックスできるのはこのシャンプーが初めてです

洗い流しの時に感じたのは「石けんシャンプー」のようなキシキシ感が
全くありません。なのでリンスは必要はありませんね。

しっとりしているのにスッキリした感じです
しっかり洗浄しているでシャンプーの洗い流した感じは全くありません
不思議な感覚です。これがこのシャンプーの魅力かもしれません。

 

>> アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」

 

良くないシャンプーには危険な界面活性剤が含まれている

界面」と聞きなれない言葉ですが
「界面」とは例えば水と油のように混じり合わない液体と液体にも
接地面が生じます。これが「界面」です。

界面活性剤とは水と油のような相反する性質を持つ液体の界面が
互いに反発して分離するのを防ぎ、両者をつなぎとめる役割を果たす物質

私たちの生活では以下のように使われています
衣料用洗剤・柔軟剤・台所洗剤・シャンプー・ヘアリンス
化粧品・車のワックス

食品では
マーガリン・マヨネーズ・ドレッシング・チョコレート

 

具体的に洗濯物を例にすると
埃や汗は水にとけるので水で洗えば落ちるが油汚れなどは水ではおちません。
そこで登場するのが界面活性剤入りの合成洗剤

脂汚れが水で落ちないのは油は油でまとまろうとして水は水でまとまる働きがある
そこで洗剤を作用さえれば本来混じり合わない水と油が混じり合い
衣類から汚れを落とします

この洗浄の成分が界面活性剤で多くのシャンプーに含まれています。
このうち脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムは石けんといい
それ以外が合成洗剤となります

今使ってるシャンプーの裏の成分表示を見てみてください。

 

>> 界面活性剤が含まれていないアミノ酸シャンプー

無添加シャンプーだから安心?自然はシャンプーは安全か

「合成界面活性剤」「防腐剤」「鉱物油」「香料」「着色料」
は配合していません。このように肌に良くない無添加成分を
含むシャンプーを自然派・無添加といわれています

最近は無添加を売りにするシャンプーを目にしますが
無添加表示も何が無添加なのか?わからないもの多々あります

シャンプーには多くの成分が含まれていますがその中の一つでも
無添加成分が入っていれば「無添加シャンプー」だとうたっている
物も以前は多く存在していました。

この基準が各メーカーにより異なるのでむやみに
無添加だから大丈夫!」という発想はやめましょう!

身体洗浄の場合は薬事法で何について無添加なのか
書けという法律になっています。
そして薬事法には無添加の基準もありません

ある種の成分を配合していないときは、パラベン無添加、
ノンエタノールなどの成分名所を併記

ある種の成分に属する成分すべてを配合していない時は
タール色素不使用、紫外線吸収剤無配合、オイルフリーなどの
成分群を併記

着色剤、防腐剤などを配合していないときは、
無色剤無添加、防腐剤カット無香料など配合目的を併記

 

化粧品公正取引協議会は「○○を無添加」と表示すべきと決まっていますが
公正競争規定は業界の自主的ルールですから協会加入者のみに適用されるので
この協会に加入していない業者は適用外となり不当表示が存在するわけです

これが消費者が混乱する理由で

自然、無添加、天然成分配合と聞くと肌に良いと思いますが
必ず他の成分もチェックしてください。
合成界面活性剤、合成ポリマー、毒性添加物などの毒性の強い成分が
添加されているかもしれません

シャンプーの成分はここを見る

これから購入するシャンプーや今使っているシャンプーが本当に安全か?
まずはシャンプーの裏に表示されている成分表をみてください。
これから指摘する成分がふくまれていれば頭皮や髪に良くないシャンプーです

合成界面活性剤
皮膚の脂を流失させ、たんぱくを変性して頭皮のバリアにダメージを与える
頭皮のバリアがダメージを受けると有害物質が頭皮から浸透し薄毛の原因となる

・ラウレス硫酸Na・ラウラミドプロピルベタイン・PEG-3ラウラミド
・PEG-20ラウラミド・ラウラミンオキシド・セテス15
・コカミドプロピルベタイン・ラウリン酸PEG-2
・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリン・コカミドMEA
・ラウロイルメチルタウリンNa

硫酸」という文字をみたら強力な合成界面活性剤だと思ってください。
なるべく使用を控えたほうがよいでしょう!

硫酸系成分の入っているシャンプーは「脱脂力」「タンパク質変性作用」などの
大きな問題があります

 

「脱脂力」の強いシャンプーは頭皮を健康に保つために欠かせない
保湿因子(NMFやセラミド)を強力に溶かして洗い流します。
一度流されたNMFやセラミドはもとの状態に戻るまで
5-6日かかると言われています

硫酸系シャンプーで毎日シャンプーした場合、保湿因子のない
無防備な状態で頭皮が外界の刺激にさらされ続けることになります。
この状態が続くと髪ヤセ、ツヤが低下して抜け毛の原因となります

 

 

合成ポリマー
通気性を阻害する
ジメチコン

毒性添加物
酸性防止剤・殺菌防腐剤・タール色素・紫外線吸収剤・香料など
合成界面活性剤、尿素、アミノ酸などの配合でバリアが虚弱化した
頭皮に一部浸透する恐れがある

窒素化合物・リン酸化合物
生体に影響する可能性がある化合物

ネガティブリスト
防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素・香料

使ってすぐに髪がサラサラになるシャンプーには

だれもが見たことがるテレビCMに登場するシャンプーって
髪がサラサラするので「良いシャンプー」だなぁと思ってしまいます

キレイな女優さんがCMに登場し、店頭では立派な高級感ある触れる
シャンプーボトルをみるとだれもが良いシャンプーなんだなぁと感じます

ですが髪がサラサラするのにはある成分がふくまれているのです
それが「シリコン」(低分子性カチオン活性剤)という成分で
多くのシャンプーに配合されています

お手持ちのシャンプーの成分表を見てみてください
多くのシャンプーにはシリコンが配合されています

シリコンは撥水性・潤滑性の性質を持ちカーワックスなどにも使われます
シリコンは即効的にキューティクルに吸着する性質があり
使ってすぐに髪質が良くなったように演出する働きがあります

シリコンには保湿せする効果は全くない上に吸着力が強いため
髪から剥がれ落ちるときにキューティクルも一緒にはがしてしまいます

 

なので「使ってすぐに髪がサラサラになった」と勘違いしてしまいますが
これはシリコンが一時的に演出しているだけで頭皮に深刻なダメージを与えます。

シリコンの他にこのサラサラを演出するのコーティング剤には
低分子性カチオン(陽イオン)界面活性剤」という成分があり
シャンプーの他にもトリートメントによく使われる成分です。

この低分子性カチオン界面活性剤は頭皮の深いダメージを与えます